沿革

沿革

2010(平成22)年

4月
東京都渋谷区神南1-8-8に株式会社ケイトオブ東京を設立。
まつげエクステ商材販売事業を開始。

2012(平成24)年

3月
東京都渋谷区神宮前6-17-15落合原宿ビル6Fへ本社を移転。
10月
日本初のまつげエクステ商材専門店「Foula Store」の首都圏型1号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」渋谷店を東京都渋谷区神宮前に出店。

2013(平成25)年

7月
資本金を1,000万円に増資。
東京都渋谷区神宮前6-19-14神宮前ハッピービル6Fへ本社を移転。
9月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の首都圏型2号店として、 まつげエクステ商材専門店「Foula Store」横浜店を神奈川県横浜市西区南幸に出店。

2014(平成26)年

3月
資本金を3,000万円に増資。

2015(平成27)年

2月
資本金を5,000万円に増資。
4月
東京都渋谷区渋谷1-20-26ユーエスト青山5Fへ本社を移転。
5月
まつげエクステスクール「Foula Eyelash Academy」の国内型1号店として、「Foula Eyelash Academy」渋谷店を東京都渋谷区神宮前に出店。
8月
まつげエクステスクール「Foula Eyelash Academy」の海外型1号店として、「Foula Eyelash Academy」香港店を香港セントラルに出店。
12月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の首都圏型3号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」大宮店を埼玉県さいたま市大宮区宮町に出店。

2016(平成28)年

3月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の海外型1号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」香港店を香港銅鑼湾(コーズウェイベイ)に出店。
4月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の海外型2号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」台湾店を台湾台北に出店。
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の海外型3号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」北京店を中国北京に出店。
8月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の関西1号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」大阪梅田店を大阪府大阪市北区太融寺町に出店。
10月
まつげエクステサロン「i Lash-Bar」の国内型1号店として、まつげエクステサロン「i Lash-Bar」大阪梅田店を大阪府大阪市北区太融寺町に出店。

2017(平成29)年

4月
Kate of Tokyo,Inc. をアメリカ・ニューヨークに設立
12月
Kate of Tokyo (HK) Limited を香港・九龍に設立

2018(平成30)年

3月
資本金を8,000万円に増資。
富靓睫(上海)实业有限公司 を中国・上海に設立
4月
まつげエクステサロン「Lash-bar Tokyo Foula」の海外型1号店として、まつげエクステサロン「Lash-bar Tokyo Foula」マンハッタン店をニューヨークに出店。
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の海外型4号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」マンハッタン店をニューヨークに出店。
5月
まつげエクステ商材専門店「Foula Store」の海外型5号店として、まつげエクステ商材専門店「Foula Store」シンガポール店を出店。
10月
資本金を9,800万円に増資。

2019(平成31)年

1月
まつげエクステサロン「i Lash-Bar」の国内型2号店として、
まつげエクステサロン「i Lash-Bar」を出店予定。